ミネラルウォーター 水素水 炭酸水 通販 まとめ

ミネラルウォーターや水素水、炭酸水の効能や効果を「まとめ」ています。 健康や美容に良いミネラルウォーターや水素水、炭酸水選びはこのサイトから始めましょう

水素水 通販 amazon,水素水 通販 安い,炭酸水生成器 通販,水素水 通販 アマゾン,南asoの天然水,水素水 健康,仙人秘水 効果,高濃度シリカ水,四季の恵み 自然湧水

水道水

水道水に含まれる残留塩素

残留塩素は水に含まれる有害とされる菌などを消毒をしてくれる有難い成分なのですが・・・

・カルキ臭のにおい
・ビタミンの破壊
・発がん性物質トリハロメタン

などの原因にもなっている厄介な存在

また、残留塩素が全くないと先ほど述べた細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

残留塩素は美容にも大敵で

・乾燥肌の原因
・髪の毛のキューティクルが剥がれる原因

と、美容を気にする女性には憎き存在

あっても無くても困る残留塩素と上手に付き合うには「摂り過ぎない」ことが一番



こちらの残留塩素チェッカーは0.1ppmから測定が可能なので蛇口から出る法令濃度の0.1ppm以上の残留塩素が測定できます

更に残留塩素の他にもアルカリ度やpH値も測定できる試薬も入っています。

普段、飲んでいる水道の水が「どうなっての?」を自分の目でチェックできる「かんたん塩素チェッカー」です。


◆ 楽天 → かんたん塩素チェッカー 50試薬入り残留塩素濃度

◆ アマゾン → かんたん塩素チェッカー 50試薬入り 0.1ppmも測れます 残留塩素濃度測定試薬 アルカリ度とpH値の測定も

東日本大震災の原発事故以来、水の安全性を求めミネラルウォーターやウォーターサーバーを求める方が増えてきました


ミネラルウォーターは保存水や非常水として備蓄する方も増えたので一様に水道水の不安ばかりではないでしょうが。


ただ日本の水道水は安全、という意見が大方である。


水道水をそのまま飲んでいる人の割合は45.0%

浄水器などで濾過してから飲んでいる人の割合は39.5%

水道水以外の水を飲んでいる人の割合は36.5%


内閣府の調査でも「水道水をそのまま」の割合が一番高く浄水器、ミネラルウォーター、煮沸してから飲んでいる、などの調査結果になっています。


水道水を美味しいと感じている人は46.9%

おいしくないと感じている人は31.8%


日本の水道水を安全と考えている人は75.9%

不安と答えている人は22.7%


水道水が安全、とする根拠は

日本の水道水には水道法で水質基準が定められている

最新の環境変化で常に見直しをし新しい情報なども取り入れながら安全を保っています。


評価値の算定にはWHOの水質基準を広く取り入れ「継続、連続的な摂取をしても人の健康に影響しない水準を基として設定」されています。


水道水は水道法で守られているがミネラルウォーターは食品衛生法で規制されています。

このような法律の下、飲料水には厳しい規制で管理されていますので安心・安全に飲むことができるんですね。





◆ 楽天 → かんたん塩素チェッカー 50試薬入り残留塩素濃度 アルカリ度 ph値の測定なら!【プール 水道水】 【自由研究】

水と言ってもすべてが体に良いとは限りませんね


では、どのような水が体に良い水なのでしょう。


体に良い水の条件


◆弱アルカリ性の水
体が酸性に傾くことで新陳代謝が悪くなったり血流が滞ってしまいます。
免疫力の低下や疲労感を強く感じるのも体が酸性になると起こりやすくなります
ミネラルウォーターを選ぶ際もアルカリイオン水などがおすすめ

◆酸素と炭酸ガスを適度に含む水
純粋や加熱処理した水では酸素が抜けてしまい美味しくありません
炭酸ガスの抜けてしまった水も清涼感に欠けます

◆ミネラル分をバランスよく含む水
ミネラルは体内の活動に欠かせない成分です
厚生労働省が栄養表示基準として指定しているミネラルは次のものになります
亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リン
水の成分に含まれるカルシウムとマグネシウムは特に重要です

◆酸化還元電位の低い水
酸化還元電位の高い水は酸化力の強い水で体に良くない水です
逆にその値が低ければ還元力が弱く酸化した体をリセットしてくれます

◆有害物質を含まない水
日本の水道水には雑菌を除去するために塩素が投入されています。
そのため水道水にはトリハロメタンなどの発がん性物質を含んでしまいました
水銀・ヒ素・トリハロメタン・硝酸態窒素・病原微生物・大腸菌などを含まない水が大前提となっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ