ミネラルウォーター 水素水 炭酸水 通販 まとめ

ミネラルウォーターや水素水、炭酸水の効能や効果を「まとめ」ています。 健康や美容に良いミネラルウォーターや水素水、炭酸水選びはこのサイトから始めましょう

[wox 酸素水][炭酸水生成器][仙人秘水 効果][ミネラルとは 分かりやすく][水素水生成器][トラストウォーター 通販][のむシリカ 販売店][水素水 楽天][霧島天然水のむシリカ 楽天][シリカ水 通販]

楽天お買い物マラソン

仙人秘水というミネラルウォーターをご存知でしょうか

仙人秘水はpH値が8.8の弱アルカリ性の水でカルシウムなどのミネラル成分が適度に保たれているため軽やかでマイルドな味わいのミネラルウォーター

日本で販売されている水には珍しく加熱・殺菌など人の手で処理されていない自然のままの水です。

硬度は1000mlあたり28mg/Lの軟水でお茶、お料理、コーヒー、水割りなどに最適な水


仙人秘水のミネラル成分

・エネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物 0g
・ナトリウム 0.26mg
・カルシウム 1mg
・マグネシウム 0.082mg
・カリウム 0.04mg

人間の血液・体液・唾液は弱アルカリ性で範囲とするとpH値9くらいまで
このくらいのpH値の値くらいが一番、健康的と言われ、この値を超えると酸性に傾きがち体調を崩しがちになります。

仙人秘水のpH値は8.8くらいなので人間の体液に近く体によく馴染む優しい水です

仙人秘水の効果では水素水などにみられるように「抗酸化作用」が期待されるミネラルウォーター

磁鉄鉱の地層から浸みだしている仙人秘水には「サビない体」への効果が期待されています。

一説によると水に磁石をあてると、その水が通る鉄管はサビないんだそうです。

釜石の磁鉄鉱から浸みだしている仙人秘水にも、やっぱり効果を期待してしまいますね。

水博士で知られている藤田紘一郎氏も仙人秘水を推奨している人の中の一人です。

ミネラルウォーター選びで迷ったときは一度、仙人秘水をお試しになってみてはいかがでしょう


◆ 楽天 → 【送料込み】岩手の名水仙人秘水(1L×12本)1ケース【smtb-T】

◆ アマゾン → 仙人秘水 1L×12本


こんな記事にも注目

今さら聞けない経口補水液の効果とは

水素水の選び方のポイント

生理食塩水 経口補水液


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

夏の6月から8月は脳梗塞が増えると言われています。


発汗による水分不足が原因の脳梗塞を予防するには、こまめな水分補給が大切


まさしく命を守るための水、と言っても言い過ぎではないようです。


脳梗塞は脳の血管が詰まる病気です


脳の血管が詰まると血液が流れなくなり酸素や栄養が不足します。


血管が詰まる状態が長く続くと手足のマヒや言語障害など、さまざまな障害がおきてきます。


一方、脳梗塞の前触れとも捉えられている ITA=一過性脳虚血発作は脳の血液の流れが一時的に悪くなることで唇のしびれや手足のしびれ、右手足の脱力発作などの症状があらわれる。


ITAは数分から数十分と24時間以内に先ほどの症状が消えてしまいます。


脳の動脈に血栓ができることで症状が出るのですが、血液の流れが良くなると元の機能が回復し症状が消えます。


脳の血液の流れが悪いままだと脳梗塞になります。


まさしく脳梗塞の前触れと言っても良いような症状がITAです。


脳梗塞になる方の30-40%がこのITAからの発症に繋がりますので前触れの症状は見逃さないようにしましょう。


また一度、改善しても再び起こる可能性がありますが医師と相談の上、治療にあたりましょう。


ITAは何度か症状が出てから受診する方が多く、軽視されがちですが、一度でもITAの症状が現れた場合は、すぐに救急車を呼んで脳神経科の専門医の診断を仰ぎましょう。


暑い夏の時期は特に注意が必要です。


ITAや脳梗塞の予防には起床後の1杯の水を飲むことと、唇や手足に普段と違うしびれや脱力感を感じたら躊躇せずに病院に行きましょう。


私は就寝前のコップ1杯の水と起床時の1杯の水は欠かしません。


それとビールを飲むと利尿作用が増えるため、オシッコの回数や量が多くなります

アルコールの中でも特にビールを飲んだ後は水を飲むように心がけています。


就寝前に飲む水は常温の軟水を飲むこともポイントです。



◆ 楽天 → 世界最高峰の天然水-まん天粋 温泉水


◆ 楽天 → ハワイウォーターペットボトル(240ml 42本入り1箱)

水素水は買うより作った方がお得


水素水生成器も随分と買いやすくなっていますがサンテh2水素水生成器は人気が落ちません。


約2万円ほどの水素水生成器なのですが口コミやレビューは気になるところ


これから水素水を自分の家で作りたいわ~とお考えの方は口コミも参考にしてくださいね。


※ サンテH2 お手入れの仕方



▼ サンテH2水素水生成器 口コミ まとめ ▼


・ 一番の良さはガラス製品なのに重くないので外に持ち運べる事

・ 調べてみるとプラスチックでは水素が抜けやすいらしくガラスのボトルを探していました。

・ 操作が簡単、水素の気泡も感じ最高、LEDもおしゃれ

・ 水素発生時のイルミネーションで安心感を貰っている感じ

・ 数多くの水素水生成器の中で価格、品質に安心感がある

・ 水素水が出来上がるのに、それほど時間がかからないので続けてみようと思う

・ 細かい気泡が立ち上がり数分で水素水が出来上がるのは感動しますよ


注文後、2日で届きました

思いのほか重量があり重く感じました

ガラスが二重の構造になっているのか、しっかりしていますね。

LEDライトがブルーとグリーンでキレイ

他社の水素水は匂いが気になる、という口コミが多かったのですがコレはピュアな感じがします



サンテH2水素水生成器はガラスでできているのに重さは520gの生成器

強化ガラスなので作りもしっかりしています

スイッチを入れると気泡があらわれ、わずか3分で出来上がります

この時間の短さと水素ができる演出が素晴らしいと思います。






◆ 楽天 → 正規品 Sante H2 サンテ エイチツー 携帯式充電式水素水生成ボトル


◆ アマゾン → SanteH2 サンテ エイチツー ポータブル水素水生成器 充電式



よく水素水の効果としてあげられものに「活性酸素」なるものがあります

そもそも、この活性酸素は体内でどのような作用があり、なんで水素水で除去すると体に良いのでしょう


活性酸素=活発な酸素

酸素が体内で活発になると酸化する力が強くなります


この酸化力が強いということは=体への殺菌作用も強い

と、いうこと

本来は活性酸素は体に必要なものだったんですね。

活性酸素があることで体内に入り込んだ細菌類を駆除してくれる役割を持っています
また、酵素の働きを促進する効果もあげられています。


一般に呼吸で摂りいれられた酸素のうち約2%程度が活性酸素になると言われています

ただ、活性酸素は適量であれば細胞を保護してくれるんですが、増えすぎてしまうと「老化の原因」にもなるといわれています。

活性酸素が増える原因

・食生活の乱れ
・タバコの喫煙
・紫外線
・強いストレス
・激しい運動

などが活性酸素を増やす主な原因としてあげられています。

この活性酸素を減らすことができるものとして抗酸化作用のある水素水が注目されています。


◆ 楽天市場 → 水素水サーバー ルルド(Lourdes)

◆ アマゾン → 水素水サーバー ルルド(Lourdes) & 特典プレゼント(カートリッジ+真空保存容器+水素濃度判定試薬+水素の事がよくわかる冊子) ワインレッド

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

東日本大震災の原発事故以来、水の安全性を求めミネラルウォーターやウォーターサーバーを求める方が増えてきました


ミネラルウォーターは保存水や非常水として備蓄する方も増えたので一様に水道水の不安ばかりではないでしょうが。


ただ日本の水道水は安全、という意見が大方である。


水道水をそのまま飲んでいる人の割合は45.0%

浄水器などで濾過してから飲んでいる人の割合は39.5%

水道水以外の水を飲んでいる人の割合は36.5%


内閣府の調査でも「水道水をそのまま」の割合が一番高く浄水器、ミネラルウォーター、煮沸してから飲んでいる、などの調査結果になっています。


水道水を美味しいと感じている人は46.9%

おいしくないと感じている人は31.8%


日本の水道水を安全と考えている人は75.9%

不安と答えている人は22.7%


水道水が安全、とする根拠は

日本の水道水には水道法で水質基準が定められている

最新の環境変化で常に見直しをし新しい情報なども取り入れながら安全を保っています。


評価値の算定にはWHOの水質基準を広く取り入れ「継続、連続的な摂取をしても人の健康に影響しない水準を基として設定」されています。


水道水は水道法で守られているがミネラルウォーターは食品衛生法で規制されています。

このような法律の下、飲料水には厳しい規制で管理されていますので安心・安全に飲むことができるんですね。





◆ 楽天 → かんたん塩素チェッカー 50試薬入り残留塩素濃度 アルカリ度 ph値の測定なら!【プール 水道水】 【自由研究】

↑このページのトップヘ