水素水に含まれる水素には活性酸素を体の外へ排出させる働きがあるのは皆さんご存知のことですが、これは水素水の持つ高い浸透率によるもの。


ナノサイズの分子を持つ水素が体の隅々まで浸透し老廃物を排出する役割を持っています。


水素水の浸透率は普通の水では到底かなわない浸透率になっていますので、水素水を飲むことで、すぐに血液を循環し頭から足先まで素早く浸透していきます。


水素水の濃度の一つであるppm

0.5ppmの水素を含んでいる水素水を飲むことで体の細胞に対し約500万個もの水素が約20分間で浸透していきます。

これだけ小さな分子の水素ですので、その容器選びは大切。

ペットボトルで販売されているものの中には水素水の水素が抜けてしまっているものもあります。

いくら「充填時の・・・」と謳った水素水でも肝心な体に入る時の水素濃度が低ければ高いお金を払ってまで水素水を飲み続ける価値はありません。

このようなことを考え水素水を購入する際はアルミパウチで販売されている水素水がお勧めです。