ミネラルウォーター 水素水 炭酸水 通販 まとめ

ミネラルウォーターや水素水、炭酸水の効能や効果を「まとめ」ています。 健康や美容に良いミネラルウォーターや水素水、炭酸水選びはこのサイトから始めましょう。水通販 安い




日本の天然水を使い完全国産の日本の炭酸水


炭酸水のまろやかさとキレが美味いと評判の炭酸水


炭酸充填量4.0の細粒強炭酸水


炭酸ガスの純度はJAS規格を超える炭酸純度


美陽堂の炭酸水は輸送による振動で炭酸ガスの粒子が大きくならないように全国6か所の配送拠点を設けています。


新鮮な状態で炭酸水をお届けする物流システムが整っています。


無糖炭酸水で賞味期限は製造後12か月


長野県、佐賀県、福岡県で採水しています


100mlあたりの栄養成分

エネルギー、タンパク質、脂質、糖質、食物繊維、食塩相当量はすべて0


フレーバーは以下の4種類からお選びいただけます

・ プレーン
・ レモンフレーバー
・ サイダーフレーバー
・ ヨーグルトフレーバー


美陽堂スパークリングウォーターの最安値を探すなら楽天、アマゾンがおすすめ


◆ 楽天 → 美陽堂スパークリングウォーター 炭酸水 500ml×24本 送料無料


◆ アマゾン → 美陽堂 スパークリングウォーター 炭酸水 500ml×24本 サイダーフレーバー


水道水の塩素

カルキ臭い」などともいわれていますが正式には次亜塩素酸カルシウムと言い石灰の一種


何故、水道水に石灰が必要なのか

カルキには殺菌作用があるため水道水の雑菌を殺菌してくれます。

飲み水である水道水には欠かせない成分です。


ただカルキにはデメリットもありますので肌の弱い方や呼吸器系の弱い方はカルキ抜きした水を使う方が良いかも知れません。

あまり神経質に考える必要もありませんがカルキのデメリットとしては

・ 皮膚へのダメージ
・ 髪へのダメージ
・ 呼吸器系のダメージ

などがあげられています。

その他にも観賞魚への水の取り換えにカルキ抜きした水を使うと魚には良い、と言われています。

ただし沸騰させた水は水の中の酸素が少なく水の組織が壊れているため水槽ではあまり使わない方が良いみたいです


ただ日本の水道水の規定は非常に厳しいものでカルキが体に与えるダメージは非常に小さいものと言われています。

それでもカルキによるダメージはゼロではないため、気になる方は一度カルキ抜きした水を試してみてはいかがでしょう。


▼ カルキの抜き方 ▼

・ カルキ抜き専用の炭を使う

・ 浄水器を使う

・ 中和剤を使う

・ 沸騰させる

・ 汲み置きをする


◆ 楽天 → シマテック PSB 水質浄化栄養細菌 1000mL 熱帯魚 観賞魚


◆ 楽天 → 強力カルキ抜き スイッチ 500mL


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote





東日本大震災の原発事故以来、水の安全性を求めミネラルウォーターやウォーターサーバーを求める方が増えてきました


ミネラルウォーターは保存水や非常水として備蓄する方もいらっしゃるのではないでしょうか。


水道水はどうでしょう、日本の水道水は安全、という意見が大方である。


水道水をそのまま飲んでいる人の割合は45.0%

浄水器などで濾過してから飲んでいる人の割合は39.5%

水道水以外の水を飲んでいる人の割合は36.5%


内閣府の調査でも「水道水をそのまま」の割合が一番高く浄水器、ミネラルウォーター、煮沸してから飲んでいる、などの調査結果になっています。


水道水を美味しいと感じている人は46.9%

おいしくないと感じている人は31.8%


日本の水道水を安全と考えている人は75.9%

不安と答えている人は22.7%


水道水が安全、とする根拠は

日本の水道水には水道法で水質基準が定められている

最新の環境変化で常に見直しをし新しい情報なども取り入れながら安全を保っています。


評価値の算定にはWHOの水質基準を広く取り入れ「継続、連続的な摂取をしても人の健康に影響しない水準を基として設定」されています。


水道水は水道法で守られているがミネラルウォーターは食品衛生法で規制されています。

このような法律の下、飲料水には厳しい規制で管理されていますので安心・安全に飲むことができるんですね。


自宅の水道水の残留塩素が気になる、という方には塩素チェッカーなるものが販売されています。

気になる塩素を簡単に測定することができます。



◆ 楽天 → かんたん塩素チェッカー 50試薬入り


◆ アマゾン → かんたん塩素チェッカー 50試薬入り




「500mlじゃ~多すぎでしょう」

「一度に飲みきるのは大変」


水素水を選ぶ際に水素水を入れる容器を選ぶ基準にしている方も多い。

通常のペットボトルだと透過しやすい水素水には向いていないようです。

また、アルミパウチなどのようにパックのボディを押してやることでパウチ内の空気を抜き、若干の水素濃度の低下は否めないが水素水を飲めることができます。


高濃度水素水ハイドリックアクアは充填時の水素含有量は1.6ppm

これを特殊なアルミパックで閉じ込めることで一度キャップを開けても再度、パック内の空気を抜くことで10時間程度飲める時間が持続できます。

水素水の飲みきりサイズが多い中で10時間以内で飲める、ということで水素水の飲み残しを捨てる無駄もなく経済的な水素水ではないでしょうか。

ハイドリックアクアの空気の抜き方は簡単で
パックボディを押し飲み口、ギリギリまで水素水を押し上げキャップをすることでパック内には空気が入らないようにできます。

10時間以内が目安なのでAM8:00に開封した場合PM6:00ころまでOKということでしょうね。

これだと1日に数回に分けて飲むことで水分補給もできるし水素も補給ができますね。

500mlパックを一度で飲みきれない方は、このようなスタイルで続けてみても良いのではないでしょうか。

キャップを開けるたびに水素濃度は下がるとは思いますが、水素が抜けるだけでマイルドな美味しい水だと思いますよ。

ちなみにハイドリックアクアにはブルーとピンクのパッケージの色が選べます。

味の違いを期待していたのですがブルーもピンクも中身は一緒のようです



◆ 楽天 → 500ml 30本 高濃度水素水ハイドリックアクア


◆ アマゾン → ブルー(500ml×30本)水素たっぷり高純度水素水ハイドリックアクア


今までにない新しいウォーターサーバーブランド キララ

・ 炭酸水が作れるウォーターサーバー

・ シリカ、バナジウムが豊富な富士山の天然水

・ オリジナル特殊フィルムのウォーターパック

・ 厚さ約18cmのスマートなボディ

・ サーバー内を毎日、自動殺菌してくれるオートクリーンシステム

・ 工場の品質管理も世界水準



新ウォーターサーバーブランド 

浅田真央さんのCMでご存知の方も多いのではないでしょうか


▼ スタイルはこんな形です ▼






▼ キララとは ▼

キララは富士山の天然水。

シリカやパナジウムなどのミネラルを豊富に含みます。

国が推奨する食品衛生管理 HACCPに基づいて設計、非加熱処理で天然の美味しさをそのままご賞味いただけます。


▼ 7層構造で鮮度を保つキララ ウォーターパック ▼






丈夫で軽量、匂い移りしないバリア性の高いウォーターパック



▼ キララ ウォーターサーバー ご利用方法 ▼

キララスマートサーバー → レンタル料 1台 1200円/月

キララ富士山の天然水

1年プラン → 1250円/パック
2年プラン → 1150円/パック
3年プラン → 1050円/パック


プランの年数が長くなるほどパック料金がお得になるシステム。

更にお得な長期割引サービスもご用意しています。


▼ 炭酸水グッズ 料金 ▼

キララ専用炭酸ガスカートリッジ → 定価3900円/箱 定期契約3600円/箱

キララ専用炭酸シェイカー → 2500円/個

炭酸ガスカートリッジ+炭酸シェイカーセット → 新規契約時のみのセット価格 

定価4300円/セット 定期契約4000円/セット

この他にもキララサポートパック月額550円で三つのサービスが受けられます。

設置作業が不安な方には有料設置作業 → 1台8000円

部品修理などのサポート

送料は全国一律無料

お届け時間を選択できます。

お支払方法は各種クレジットカード決済に対応しています。


 ◆ 新ウォーターサーバーブランド【Kirala】




▼ キララ ウォーターサーバー 口コミ ▼

炭酸水がコップ一杯から手軽に作れるのは便利ですね
毎日タンク内も洗浄してくれるから衛生的
構造的にも使いやすくて良く考えられているな~と思います


冷水・温水の他にも炭酸水が飲めるのがイイ
市販の炭酸水よりもシュワシュワ感があります
子供が喜んで飲んでいます


安心して綺麗な水を飲みたい方にお勧め
今まで水には見向きもしなかった子供がガブガブ飲んでくれます
共働きなので水を買いに行く時間も少ないから助かっています。







▼ こんな記事も読まれています ▼

アキュエラ水素水7.0

スパランドh2

サンテh2の水素水 通販のおすすめ

高濃度水素生成器 ビルル

酸素水 wox 羽生 藤原



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ